宅配買取の注意点|【金の売り方まとめ】買取に出す場合に必要な買取店の選び方|買取情報.net

宅配で要らなくなったものを買取ってもらう際に注意すること

宅配買取の注意点

女性

買取業者を利用する場合に必要なもの

買取業者に品物を買取って貰う場合は身分を証明できるものが必要です。そのまま自分で買取店舗に持っていく場合もそうですし、宅配の買取を利用する場合も必要になるものです。

宅配買取の場合は

宅配の買取業者を利用する場合は、そのまま身分証を見せることができません。そのため、免許証や健康保険証などのコピーを送ります。大事な情報を送るので、安心して買取依頼を行える業者を選ぶようにしましょう。

安全な取引を行うために

宅配買取で必要なものがわかったら、次は利用する際の注意点について学んでみましょう。4つの注意点を抑えておくことで、安全な取引を行うことができます。

宅配の買取業者を利用する際の注意点

契約後は返品不可

宅配を利用して買取を行って貰う場合は、まず送った品物の査定をしてもらいます。その際に納得できたら買取の契約を行うのですが、その契約を交わした後は返品が不可能になります。品物を買取りに出す場合は、本当に必要でないものか、未練は残っていないかしっかりと考えてから買取りに出しましょう。

商品の梱包は丁寧に

宅配での買取を行っている業者では、梱包用の箱を用意している業者とそうでない業者があります。梱包する際に必要なものをもらうことができれば問題ないですが、自分で用意する場合は箱の大きさや詰めるクッション材をきちんと選ばなくてはなりません。また、しっかりとガムテープを利用して箱を閉じないと、送る際に商品破損のトラブルも起こってしまう可能性があるので丁寧に梱包を行うようにしましょう。

返品の場合の送料

宅配にかかる送料を無料と掲示している買取業者は多いですが、返品時の送料まで負担してくれる業者はそう多くはありません。査定額が腑に落ちない場合でも、返品送料を支払わなくてはならない場合も出てくるので、品物を送る前に業者に返品の際の送料についても確認しておきましょう。

送料と買取価格をチェック

送料無料と掲示している業者の場合、査定額が低くなってしまうこともあります。そのため、送料がそれほど高くない業者を選んでも返って高く買取ってもらえたというケースもあります。買取価格が安いのに送料まで取られてほとんど利益が出なかったという場合になってしまうこともあります。しかし、利益が少なかった場合でも、対応のよい買取業者に依頼することで気持ちのよい取引を行うことができます。

広告募集中